寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > ブラウザ上のジェスチャによるDOM要素選択方法の提案

ブラウザ上のジェスチャによるDOM要素選択方法の提案


著者

海老澤 雄太, 丸山 一貴, 寺田 実

論文名

ブラウザ上のジェスチャによるDOM要素選択方法の提案

発表年月

2014年8月

発表学会等

夏のプログラミング・シンポジウム[2014]

概要

 本研究では,ウェブブラウジングにおいて,ジェスチャ入力を用いて DOM 要素を選択する方法を提案する.DOM 要素の選択は,印刷範囲の設定やウェブデザインの解析,ページの閲覧時のカスタマイズなどにおいて必要となる操作である.従来手法として,マウスドラッグを利用するものやマウスカーソルの位置からそこにある要素を選択する手法があるが,タッチデバイスでは使い辛く,要素を上手く選択できない場合がある.そこで,本手法ではジェスチャを利用することで,より柔軟で簡潔な DOM 要素の選択とタッチデバイスへの親和性の向上を目指す.ブラウザの拡張機能としてシステムを実装し,入力されたジェスチャの位置や大きさから対象とする DOM 要素を推定する.ジェスチャと DOM 要素との共通領域のそれぞれに対する面積比の積を用いて重み付けを行うことで,入力されたジェスチャに見合った要素の選択が可能となる.

 キーワード:ブラウザ,ジェスチャ,DOM,選択,拡張機能

ファイル

リンク

夏のプログラミング・シンポジウム2014に関して - 海老澤のページ