寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > Web Components開発におけるドキュメント同時生成手法の提案

Web Components開発におけるドキュメント同時生成手法の提案


著者

海老澤 雄太, 丸山 一貴, 寺田 実

論文名

Web Components開発におけるドキュメント同時生成手法の提案

発表年月

2016年1月

発表学会等

第57回プログラミング・シンポジウム

概要

概要:現在W3C で仕様策定中のWeb Components は,Web ページの要素をコンポーネント化するための技術であり,利用する側のマークアップの簡潔化や要素の再利用を促進することを可能にする.しかしながら,ドキュメント生成の観点からみるとWeb Componentsは,ソースコード中のコメントからドキュメントを生成する従来の手法をそのまま適用することが難しい.そのため,現状はドキュメントを個別に作成するなどの別の手法を取らなければならない.そこで本研究では,Web Components の作成に関して,1 つの記述によって1 つのWeb Components のソースコードとドキュメントを同時に作成するための手法を提案する.提案手法では,構造化された文書を記述するのに用いるテキスト記法であるMarkdown 記法を利用し,ドキュメントの中にコードを埋め込むことでそれを実現する. キーワード:Web Components, ドキュメント, コメント, Markdown

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/ebisawa_prosym 57th.pdf