寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 対話的なソースコード検索ツールの提案

対話的なソースコード検索ツールの提案


著者

平山 拓朗

論文名

対話的なソースコード検索ツールの提案

発表年月

2014年2月

発表学会等

電気通信大学平成25年度修士論文

概要

 プログラムの理解は非常に時間がかかる作業である. プログラムのデバッグにおいては, 実際にソースコードを編集する時間よりも, 対象とするソースコードの理解・調査にかかる時間のほうが長いと言われている.このような状況において,ソースコード中の語彙を利用した検索機能が非常に重要である. ソースコードに対して検索を行うことで, ある事柄に関する記述を発見する手がかりが得られる.

 ある調査の結果, プログラマはデバッグ作業をしている際に,ひとつの事柄を探すために検索の試行錯誤を繰り返す過程で,検索対象についての具体的なアイデアを把握していないために,あいまいなキーワードや条件で検索を行う場面が多く見られた.その結果,関連性が低いものを含む検索結果が大量に(数百∼数千)提示されてしまい,対処しきれなくなってしまう.

 このような問題点に対応するために,本研究では,共起する単語を追加していくことで,検索したい処理が記述されていると考えられるメソッドを絞り込んでゆくことを考える.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/hirayama_syuuron2013.pdf