寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > GutaGuta:受動的な動画視聴と発見のためのインタフェース

GutaGuta:受動的な動画視聴と発見のためのインタフェース


著者

平山 慧, 丸山 一貴, 寺田 実

論文名

GutaGuta:受動的な動画視聴と発見のためのインタフェース

発表年月

2008年11月

発表学会等

第16回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ

概要

既存情報メディアとインタフェースにおいて、「受動的」かつ「発見的」と言える動画閲覧のためのインタフェースが存在しないことに着目し、これらを満たすインタフェースGutaGutaを開発した。小さい動画の多数提示によって動画内容の把握を容易にしたことや、自動的な動画リスト・音声の切り替えなどにより操作をほとんど必要としない受動的な動画閲覧のインタフェースを実現することができた。また、動画リストから関連タグを抽出して提示する機能などにより動画の発見を効果的に行うことができ、日常におけるちょっとした発見を促進する動画閲覧インタフェースが実現された。

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/hirayama_wiss2008.pdf