寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > PADを利用したパズル型プログラミング学習システム

PADを利用したパズル型プログラミング学習システム


著者

猪俣 順平

論文名

PADを利用したパズル型プログラミング学習システム

発表年月

2011年2月

発表学会等

電気通信大学平成22年度卒業論文

概要

 近年, パーソナルコンピュータの普及などにより, 急速にIT 化が進んでいる. このようなIT 化が進んだことにより, プログラマの需要が増加しており, プログラマを育成するために, 情報系の学術機関におけるプログラミング教育は, もはや当たり前となっている.
 しかし, 従来のプログラミング教育手法では, プログラミングの学習の前に実行環境や開発環境を整えなければならず, またプログラム言語の文法理解に重点が置かれているため, 学習者のモチベーションの低下を招いている.

 そこでより手軽にプログラミング学習できるシステムを提案することを目的とし, 提案システムの実装、ユーザテストを行うことで, 実装したシステムの有用性を評価した.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/inomata_sotsuron.pdf