寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > Pascal学習者のためのプログラム実行トレースシステム

Pascal学習者のためのプログラム実行トレースシステム


著者

井上 真哉

論文名

Pascal学習者のためのプログラム実行トレースシステム

発表年月

2006年2月

発表学会等

電気通信大学平成17年度卒業論文

概要

本研究では、プログラミング初心者でも抵抗なく使えるようなPascal 対応の「プログラム読解・デバッグ支援システム」を、教育用の支援ツールとして使用される事を目的としている。

そのための手段として、寺田が作成したC・Java 言語用プログラム実行トレースシステムを、Pascal でも対応できるように移植する。そして、まずは本学科のプログラミング授業が行われているIED における実装を目指す。
評価方法としては、本学科二年後期に開講されているプログラミング授業において約三ヵ月間学生に自由に使って貰う形で評価実験をおこなった。評価については、自動的な利用状況の取得と、アンケートの実施という二つの方法を用いた。

評価実験の結果より、Pascal 学習者に「プログラム読解・デバッグ支援ツール」を提供するという本研究の目的は有効だったといえる。
しかし、使用したのにシステムの不備で役に立たなかったという学生や、使い方の説明がわかりにくくて使って貰えなかった学生もいたので、これらの問題を解決すればより多くの学生に有効なシステムとなるであろう。

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/inoue_sotsuron.pdf