寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 3DウィンドウマネージャのJava言語による機能拡張手法

3DウィンドウマネージャのJava言語による機能拡張手法


著者

勝木 貴志

論文名

3DウィンドウマネージャのJava言語による機能拡張手法

発表年月

2007年2月

発表学会等

電気通信大学平成18年度卒業論文

概要

C言語のためのAPIしか提供されていないプラグイン環境をJavaで実装できるようにすることで、プラグイン開発の難易度を下げる方法を提案し、それが実用的であるかどうかを評価する。

ネイティブなAPIをJNIによってラッピングし、Javaから扱えるようにする。またプラグインの各種呼出とJavaクラスの間で橋渡しをする小さなプラグインをはさむことで、Javaによる実装を可能にしている。

この方法での実現は可能であり、パフォーマンス的にも問題はない。だが、APIのラッピングを手動により行ったためAPI全体をカバーするには到底至らず、ミドルウェアとして完成させるには、ラッピングを自動化する方法を導入する必要がある。

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/katsuki_sotsuron.pdf