寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 閲覧者のためのWebページへの注釈・リンク付加システム

閲覧者のためのWebページへの注釈・リンク付加システム


著者

近藤 暁祥

論文名

閲覧者のためのWebページへの注釈・リンク付加システム

発表年月

2007年2月

発表学会等

電気通信大学平成18年度卒業論文

概要

Web ページとして公開されている多種多様なデータは非常に有用であるが、それらは基本的に制作者から閲覧者への一方通行の不可変データであり、閲覧者はそのデータを閲覧する時に更に自分好みに便利になるように手を加えると言うことはできない。そこで、PC 上に表示されているWeb 画面にローカル環境で利用者が自由に注釈・リンクなどを追加することで、利便性をより高めることができるのではないかと考え、それを実現するシステムを開発し、検討を行うことを本研究の目的とする。

幅広く普及しているWeb ブラウザであるMicrosoft Internet Explorer(以下IE)を対象とし、IE と連動してその表示の上に自由に注釈・リンクなどを設定できるようなソフトウェアを開発、その機能から有用性の検討、今後の展望の考察などを行う。

本システムの試用をした、あるいは企画説明を受けた協力者らからは、概ね便利なシステムだという感想を頂いた。また、それと同時に、特にリンク機能の使い道に関して当初の想定以上に活用する使用方法の案や、追加して欲しい機能の案などの意見が多数寄せられた。このことから、Webブラウザに対して自由にリンクや注釈などが追加できるシステムは、少なくとも潜在的な意味で、かなりの有用性を秘めているのではないかと考えられる。

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/kondo_sotsuron.pdf