寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 付加情報をもったファイル共有システム

付加情報をもったファイル共有システム


著者

古柳 敦士

論文名

付加情報をもったファイル共有システム

発表年月

2010年2月

発表学会等

電気通信大学平成21年度卒業論文

概要

現在,様々なファイル共有システムが多くのユーザに用いられている.使用目的もユーザ毎に異なるが,主に他ユーザとのファイルの交換,複数人数での同ファイルの操作,ファイルの保存等の目的でシステムを用いることが多いだろう.しかし,多くのユーザのグループ間でファイルを共有していくことで,ファイルの数が膨大になっていき管理が困難となっていく.

また,共有グループへの新規加入ユーザはファイルの共有目的や内容が参入時点では把握できておらず,ファイル数が膨大であるほど把握にかかる時間やユーザの負担が大きくなってしまう.そこで,共有ファイルの管理を行いやすくする為のシステムを提案し,実装,評価を行うことで実際に共有ファイルの管理が容易になったか評価する.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/koyanagi_sotsuron.pdf