寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 履歴情報およびアプリケーション利用状況を考慮した Web 閲覧状況把握支援

履歴情報およびアプリケーション利用状況を考慮した Web 閲覧状況把握支援


著者

大井 彩香, 丸山 一貴, 寺田 実

論文名

履歴情報およびアプリケーション利用状況を考慮した Web 閲覧状況把握支援

発表年月

2013年3月

発表学会等

第5回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム

概要

Web ブラウザの閲覧履歴から得られた情報は多様であり, 様々な用途に利用することが出来る. 例えば, 履歴を表示・把握することで行動想起や過去に見たページへの再訪問, 組織における管理者の Web 閲覧管理を支援することが可能である.

本研究では履歴を含めた閲覧時の状況に関する情報に着目した. 閲覧時刻, タイトル等の基本的な履歴情報の他に, 使用アプリケーション情報などの新たな情報を利用して Web 利用者が自分の閲覧状況を把握するための履歴表示方法について検討する. 履歴以外の周辺情報を利用し, 様々な観点から情報を要約して表示することで閲覧状況把握しやすくし, 行動の振り返りやページ再訪問の一助となることを期待する.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/oi_DEIM2013.pdf