寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > Web ページの分類と閲覧時間を利用したコンテンツフィルタリング

Web ページの分類と閲覧時間を利用したコンテンツフィルタリング


著者

大井 彩香,寺田 実,丸山 一貴

論文名

Web ページの分類と閲覧時間を利用したコンテンツフィルタリング

発表年月

2011年9月

発表学会等

FIT2011

概要

近年Web によって提供される情報量は増加し, 誰もが容易に様々な情報を取得することができる. 反面, 教育上不適切な情報の氾濫, ネット依存によるWeb の長時間利用などの問題がある. 文部科学省の調べでも, インターネットに氾濫する様々な有害情報は, 価値観やモラルにも悪影響を及ぼすおそれがあり, 生活上の支障を引き起こすネット中毒ないし依存症の事例もあると述べている. 氾濫する情報の中には暴力描写, 出会い系サイトなど子供の教育上, 全面的に遮断を推奨されているサイトがある一方,長時間の利用を避けるべきだけのサイトがある. 本研究ではこのようにWeb には制限されるべきページとして遮断すべきサイトとそうでないサイトの2種類があることに着目する.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/oi_fit2011.pdf