寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > Wikiで作成するWiki編集インタフェース

Wikiで作成するWiki編集インタフェース


著者

奥村 俊也

論文名

Wikiで作成するWiki編集インタフェース

発表年月

2008年2月

発表学会等

電気通信大学平成19年度卒業論文

概要

Wikiは、通常、誰でも、ネットワークがあればどこからでも文書の編集ができ、グループウェア等、様々な用途に使用されるようになった。しかし、機能が増えると共に、編集に慣れていないユーザが気軽に編集できず、失敗して編集してしまうとWiki のページ構造自体が無意識のうちに破壊されてしまう恐れがある。また、編集能力が高いユーザが編集する際も、些細な編集や情報の追加だけ行いたい場合に1 つのページにつき1 つの大きな文書から編集しなければならないため手間がかかってしまう。
本研究では、そのような問題点を解決する新しいWiki クローンを開発する。編集に慣れていないユーザを区別し、通常の編集ページとは異なったインタフェースを与える。簡易編集が可能なインタフェース上では些細な編集、情報の追加等が編集に慣れていないユーザでも気軽にできるようなシステムを開発する。

本研究では、編集が煩雑になってしまうという既存Wiki の問題点を解決するために、多様なユーザに対して適当な編集インタフェースを提供できる新しいWiki を開発する。また、その機能から有用性の検討、今後の課題の考察などを行う。

本研究で開発したWikiを試用、もしくは独自機能の説明を受けた協力者らからは、概ね便利なシステムだという感想を頂いた。既存Wiki ではあまりを編集を行わない人たちでも、本システムは気軽に編集することができるだろうということが分かった。しかし、まだWeb 上で不特定多数のユーザを対象に使用するWiki としては機能が少ないことも実感した。ユーザビリティを向上させ、既存Wiki の長所をもっと本システムに取り込むことができれば、より有用性の高いWikiが開発できるのではないかと考えられる。

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/okumura-t_sotsuron.pdf