寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 位置情報を利用した二値評価を提示することによるユーザの興味の変化に関する研究

位置情報を利用した二値評価を提示することによるユーザの興味の変化に関する研究


著者

佐々木 佳祐

論文名

位置情報を利用した二値評価を提示することによるユーザの興味の変化に関する研究

発表年月

2014年2月

発表学会等

電気通信大学平成25年度修士論文

概要

 ニュースや新聞から得られる情報には速さと正確さが求められるが, 新製品やイベントなどの情報を公開する側は, ユーザの興味を引きつけておくためにあえて少ない情報を公開するという方法を選ぶことも多い. そこで本稿では,「入手するまでの速度は速いが内容がある程度隠れている情報」はユーザの興味を引くであろう, という仮説を立てた. まず仮説 1 として, 情報をできる限り制限しユーザに提示, ユーザの興味の動向について調査を行った. その結果を受けて新たな仮説を立案, システムの改修を行い, 情報の制限量とユーザ興味の推移についての検証を行った.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/sasaki_syuuron2013.pdf