寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > CodeDrummer: プログラム実行における関数呼び出しの可聴化手法

CodeDrummer: プログラム実行における関数呼び出しの可聴化手法


著者

佐藤 和哉, 平井 重行, 丸山 一貴, 寺田 実

論文名

CodeDrummer: プログラム実行における関数呼び出しの可聴化手法

発表年月

2011年2月

発表学会等

第89回音楽情報科学研究会

概要

プログラム動作を理解させるための,実行時における関数呼び出しの構造を音楽的な表現手法を導入して可聴化するシステムを提案する. ここでは,音楽のリズム表現を導入することで,可聴化した結果がエンタテインメントとして楽しみながら,かつプログラム動作の理解を支援できるようにすることを目指している. 今回は,関数呼び出し構造に対し,異なる観点でリズムパターンの適用ができるようにし,その効果や利点を確認できるようにした.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/sato_sigmus89.pdf