寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > フォロウィー一致率に基づくタイムラインの3D表示の提案

フォロウィー一致率に基づくタイムラインの3D表示の提案


著者

鈴木 佑樹

論文名

フォロウィー一致率に基づくタイムラインの3D表示の提案

発表年月

2015年2月

発表学会等

電気通信大学平成26年度卒業論文

概要

 Twitter は交流, 情報収集のためのツールとして普及し, 著名人でもアカウントを持っていることは珍しくなくなった. しかし, フォロウィーの増加に伴ってタイムラインに流れる情報の量は増え, それを手動で整理するのは手間のかかることである. そこで本研究では, Twitter のタイムラインを 3D ユーザインターフェース上に表示することで, 情報の発信元を自動的に整理する機能と 3D ユーザインターフェースならではの演出を入れることを可能にし, 新しい Twitter のタイムラインの閲覧方法を提案し, その有用性を評価した.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/suzuki_sotsuron2014.pdf