寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > スマートフォンにおける近接センサを利用した操作手法の提案

スマートフォンにおける近接センサを利用した操作手法の提案


著者

渡辺 友康

論文名

スマートフォンにおける近接センサを利用した操作手法の提案

発表年月

2016年2月

発表学会等

電気通信大学平成27年度卒業論文

概要

スマートフォンは日本国内においても広く普及し, 日々の生活には欠かせないアイテムとなりつつある. それに伴い, 日常生活の様々な場面で使用されることも増加しているが, 既存の操作方法は周辺環境からの影響を受けることがあり, スムーズな操作の妨げとなることがあった. そこで, 周辺環境からの影響が少ない近接センサを用いることで, 周辺環境からの影響が小さい操作方法が実装できると考えた. 本研究では, 近接センサを用いたアプリケーションを2 つ実装し検証する.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/t_watanabe_sotsuron2016.pdf