寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 閲覧履歴を共有するウェブブラウザ

閲覧履歴を共有するウェブブラウザ


著者

高須賀 清隆

論文名

閲覧履歴を共有するウェブブラウザ

発表年月

2005年2月

発表学会等

電気通信大学平成16年度卒業論文

概要

コンピュータや高速回線が一般にも広く普及し、インターネットの利用者も非常に増えてきた。それによりインターネットで情報を発信するも増えたために、インターネットには多くの情報が溢れている。それによって人気のあるサイトや世間で関心を集めている情報の記事などを素早く発見することが難しくなっている。本研究ではそのような人気のあるサイトや世間で関心を寄せている情報の記事を素早く発見することができる機能を持ったWEBブラウザを開発し評価することを目的とする。

閲覧したページの情報をサーバに送信する機能を持ったブラウザを開発し、サーバ上で履歴を共有することで研究目的を実現する。評価の方法としては実際に数人の方にブラウザを使用してもらい、使用後にアンケートに答えてもらった。また、ランキング使用の際には記録を取る樣にしていたので、それもあわせて検証する。

今回実験では小規模であったために問題もあったが、それでもアンケートの結果などを見る限り実験に参加して頂いた方たちには非常に好評であり、履歴共有は有益なシステムであると言えるだろう。P2P ではなくサーバを持ったシステムであったが、今後P2P で実装を行うことでより実用的なシステムになるだろう。

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/takasuka_sotsuron.pdf