寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > ペンタブレットの空中動作を利用したインタラクション

ペンタブレットの空中動作を利用したインタラクション


著者

梅林 靖弘, 丸山 一貴, 寺田 実

論文名

ペンタブレットの空中動作を利用したインタラクション

発表年月

2009年11月

発表学会等

第17回インタラクティブシステムとソフトウェアに関するワークショップ

概要

本論文ではペンタブレットの空中動作を用いたインタラクションの提案を行う.空中での動作を検出するためには, 3次元的な “高さ”を取得できるハードウェアを用意する必要がある. 本来ペンタブレットは平面的な入力を想定しているため, 空中での動作を検出できない. しかし, 電磁誘導方式のペンタブレットを対象とし空中におけるペンが感知, 消失する瞬間を観測することで, 特殊なハードウェアを利用することなく “高さ”の情報を取得できると考えた.得られた3次元情報を3次元ベクトルの入力, 空中でのジェスチャ入力に適用し, その入力精度と所要時間について評価を行った.

ファイル

http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/umebayashi_wiss.pdf