寺田研究室学生部屋ページ > 論文 > 操作対象と協調するリモコンシステム

操作対象と協調するリモコンシステム


著者

矢嶋 裕介

論文名

操作対象と協調するリモコンシステム

発表年月

2005年2月

発表学会等

電気通信大学平成16年度卒業論文

概要

現在の家電はネットワーク対応・ソフトウェア化が進められているため、それに従い操作対象機器を操作するリモコンの機能も進歩していく必要がある。そこで、そのような機能を携帯端末上に実装し通常のリモコン操作に加え、外出先からの遠隔操作も容易に可能にするシステムを考えた。

情報端末上で動作する、アップデート可能な多機能汎用リモコンシステムを考え、プロトタイプを実装し、その有用性を確かめた。このシステムは以下のようなものである。

  • 情報端末から操作対象機器へ向けて赤外線で端末の情報を送信する
  • 操作対象機器が情報端末へ制御プログラムの所在を無線LANで送信する
  • 情報端末は指定されたURL上にある制御プログラムをダウンロードして動作させる
  • 制御プログラムは無線LANを使用して操作対象と通信を行う

  • また、携帯端末と情報家電の代わりとしてPCを用いた。これは、どちらのデバイスも汎用化が進んでおりPCに遜色ない機能を有しているためである。

    本システムにはまだ、通信方式の最適化や赤外線デバイスの出力向上の必要性など問題が残されている。しかし、本システムによってこれからのリモコンシステムの新しい利用方法の一つとして、また携帯端末の新しい機能の一つとして普及することを期待する。

    ファイル

    http://sp.ice.uec.ac.jp/thesis/yajima_sotsuron.pdf