寺田研究室 学生部屋ページに戻る

井上尚亮のページ

研究内容

自動書記メタファの研究をしており、現在はプレゼンテーションソフトの開発をしています。
自動書記メタファは、マウスでなぞった所に外部テキストファイルから読み込んだ文章を描画するシステムです。

自動書記ペイント

  • 画面上をマウスでクリックしながらなぞると
    「import.txt」から読み込んだ文字を描き込みます
  • 「クリア」ボタンを押すと描き込んだ文字を消します
  • 「入力ファイルの変更」ボタンを押すと
    import.txt以外からも文字が読み込みこめるようになります
  • 指定したい文字サイズを入力して「変更」ボタンを押すと
    文字サイズが変わります
ダウンロードはこちらから→auto_write.zip
実行方法:zipファイルを解凍し、auto_write.jarを実行します。
※デスクトップ上でしか動作しないかもしれません

自動書記ペイントアプレット版

実物はこちら※重いので注意
  • 左の区画をマウスでクリックしながらなぞると
    右のテキストエリアから読み込んだ文字を描き込みます
  • 「クリア」ボタンを押すと描き込んだ文字を消します
  • 右のテキストエリアの文章を変更してから
    「テキストの読み込み」ボタンを押すと文字を読み込み直します
  • 指定したい文字サイズを入力して「変更」ボタンを押すと
    文字サイズが変わります。
ダウンロードはこちらから→auto_write_applet.zip
実行方法:zipファイルを解凍し、auto_write_applet.classを埋め込めばhtmlに反映されます。

自動書記プレゼンテーション2011年9月版

自動書記をプレゼンテーション用にカスタマイズしたものです。
  • 画面上をマウスでクリックしながらなぞると
    「import.txt」から読み込んだ文字を横にまっすぐ書き込みます
  • 一行分描画するとビープ音がなり
    それ以上は一度マウスのボタンを離さないと次の文字が描画されません
  • 描画途中にマウスを左にドラッグさせると描画を取り消します
  • 「クリア」ボタンを押すと現在の画面を「output」フォルダに画像として保存してから
    描画された文字を消します
  • 「入力ファイルの変更」ボタンを押すと
    import.txt以外からも文字が読み込みこめるようになります
  • 文字サイズは小・中・大の3パターンから選ぶ形式になりました
  • プロジェクタに繋げるなどマルチスクリーン化すると
    マルチスクリーンの方には操作部が表示されないようになります
ダウンロードはこちらから→auto_write_pre.zip
実行方法:zipファイルを解凍し、auto_write.jarを実行します。
※デスクトップ上でしか動作しないかもしれません

自動書記プレゼンテーション2011年12月版

自動書記をプレゼンテーション用に更にカスタマイズしたものです。

ダウンロードはこちらから→AWP.zip
実行方法:zipファイルを解凍し、AWP.jarを実行します。
  • 起動すると「import.txt」の内容が画面左の文章一覧に読み込まれ、「pic」フォルダの画像が画面右の画像一覧に表示されます
  • 画面中央の白い部分(キャンバス)をマウスでクリックしながらなぞると、「文章一覧」の文字を横にまっすぐに書きます
  • 一行分書くとそれ以上は書けないようになり、一度マウスのボタンを離すことによって再び書けるようになります
  • マウスを左にドラッグすると直前に書いた文字を取り消します
    ※消しゴム・文章一覧をクリック・スライド移動などを行うと、それ以前に書いた文字は取り消せなくなります
  • 文章一覧をクリックすると、キャンバスに書く文字はクリックした文字から始まるようになります
  • 文章一覧の文章は、文章一覧上で編集できます
  • 画像一覧の画像をクリックすると画像が貼り付けられます。貼り付けたい場所で再びクリックして下さい
  • 文章や画像右下の赤い四角を押しながらドラッグすると、拡大・縮小を行います
  • 文章や画像左上の緑の四角をクリックすると、押した文章や画像が最前列に移動します
  • 文章の場合は赤・緑以外を画像の場合は青い枠を、押しながらドラッグすると文章や画像が移動します
  • 消しゴムボタンを押すと文章や画像を消せるようになります。消したい文章や画像をクリックして下さい
  • 色ボタンを押すと文字色を変更します
  • はけボタンを押すと既に書いた文字に色を付けられます。色を付けたい文字の上でドラッグして下さい
  • 文字サイズ変更ボタンを押すことによって、文字サイズを小・中・大と切り替えます
  • スライドを次に進めるボタンを押すと、現在の画面を保存し新しいスライドを用意します
  • 画面下のスライド一覧を押すと、押したスライドが表示されます
  • スライド消去ボタンを押すと、選択しているスライドを消去します
  • ファイルメニューの保存を押すと、スライド情報を名前を付けて保存します
  • ファイルメニューの開くを押すと、保存したスライド情報を開きます
  • ファイルメニューのテキストに保存を押すと、文章一覧の内容を「import.txt」に上書きします
  • ファイルメニューの画像を出力を押すと、全てのスライドを画像ファイル化し、「slide」フォルダに保存します
  • 背景色は白か黒を選んで下さい